トップ > チームトクボクシング教室 > 動画教室

チームトクボクシング教室の
動画教室

 
広報担当です。

本日「チームトクボクシング教室 動画講座 第4弾 - ロープに詰める」を公開しました。

練習会に参加している方向けの上級技となっていますが、覚えれば楽に使うことができるので、この技を覚えて是非スタンディングダウンを狙ってみてください。




コンビネーション概要

1. ガード固めてジャブ ➡ コンビネーション3
1. ガード固めてジャブ ➡ コンビネーション6
2. 大きく左スリップ ➡ 右スリップ ➡ 左スリップ ➡ コンビネーション3(ドーンと押し込むイメージで) 
2. 大きく右スリップ ➡ 左スリップ ➡ 右スリップ ➡ コンビネーション6(ドーンと押し込むイメージで) 
3. 回り込むのを左に先回り ➡ 右ストレートボディ ➡ 左フック
3. 回り込むのを右に先回り ➡ 左ストレートボディ ➡ 右フック
4. ロープに詰めてコンビネーション2を3回転繰り返す ➡ コンビネーション6でガード崩して ➡ 最後はフック連打を全力でフィニッシュ。 

順番に関しては用途に応じてとなります。

利用されているコンビネーションブローについて

◆コンビネーション2
左スリップ ➡ ステップイン左フック ➡ 右フック ➡ 左アッパー ➡ 左アッパー ➡ 右アッパー ➡ 左フック
(接近戦応用技多い)

◆コンビネーション3
左フック(顔) ➡ 左アッパー(ボディ)

◆コンビネーション6
右スリップ ➡ ステップイン右アッパー(ボディ) ➡ 左アッパー(ボディ) ➡ 左フック(顔) ➡ 右ストレート(顔) ➡ 左フック(顔) ➡ 左アッパー(ボディ)

店長からのコメント

キッズボクシングから長い経験を持つ選手が多い現在、そう言う選手を打ち崩す力強く乱打戦に持ち込めるボクシングが要求される。
技の応酬や距離、リードの刺し合いに付き合わず、「関係ない!」と上体を振って肉薄してブロックの上から叩かれても怯まずに相手をロープに詰めて必ず決める!
そんな思いでこの攻撃パターンを練習に取り入れています。

BGMについて

今回「Gold Main Valentine」のボーカルを務めている、"Sanfee"さんからBGMを提供いただきました。曲名は「NOISY DRIVE」です。

興味のある方は是非!!
私が大学の監督をしていた頃、教え子の戦慄KOシーンです。
試合開始後フック合わせ2発だけで試合を終わらせました。ぜひ参考にして下さい。





フック合わせ 

動画はサウスポーの右フック合わせですが、ここではオーソドックスの左フック合わせで説明します。

36年前オリンピック3連覇のラスロ・バップ氏が日本で講習会を行った時に実際にスパーリングをして見せたパンチ。
私はこれを高校の監督2年目の時に韓在満と言うサウスポー選手に初めて教えて、その後選手同士で受け継がれ母校の技として数年間定着した。

・左フック合わせ
(自分の左手を相手の右手よりも内側によせて構え、相手が打って来た右ストレートの下側から上側に回しながら相手のアゴの先端に打つ。顔の位置は左ストレート合わせと同じ。腰を入れるスペースが少ない分、左の胸の筋力をフルに使って強打する。わざと空振れば相手の右手の関節を痛める可能性が有る。そのタイミングでアゴに当てれば利き腕のクロスカウンターと同じ理屈の強打となる。)
広報担当です。

本日「チームトクボクシング教室 動画第3弾 - リード連打から裏技 」を公開しました。

皆さんも、リードパンチを体を振り位置移動しながらビシビシと決めて、そこから裏技を決めてみましょう。



コンビネーション概要

1. 左ストレート ➡ 内ブロック ➡ 左ストレート
2. 左ストレート ➡ 左スリップ ➡ 左ストレート
3. 左ストレート ➡ 右スリップ ➡ 左ストレート
4. 裏技左ワンツー
5. 左サイドステップ ➡ 左ストレート2発(回りながら)

裏技左ワンツーについて

10㎝程の左サイドステップと同時に左ストレートを打ち、追って右ストレートを打つ。

左サイドステップをしながら左ストレートを打つので左ストレートは斜め右前に打つ事になる。左ストレートは次に打つ右ストレートが見えないように隠す目的で相手の目を狙う。

左ストレートは相手の顔の位置の確認の為に打つ役割が大きい。

相手のワン(左ストレート)はこちらの右肩の上を通る事になる。
そして相手のワンとツーの手の間を強烈な右ストレートがヒットする。

左サイドステップは斜めサイドステップではなく、真横にする。
余り大きいサイドステップだと右ストレートが当てにくくなる。

様々なリードパンチ

これ以外にも様々なリードパンチを織り交ぜたコンビネーションがあります。
年月が経つにつれてドンドン進化し現在の形になっていますが、興味のある方はこちらのリードパンチも参考にしてみてください

リードパンチに関する過去の記事一覧 

店長からのコメント

ここに載せているリード連打は、打ってよけて打つリードなので、相手よりも常にリードパンチを多く打ち主導権を握ることが出来ます。
相手がパンチを返してこなくても行う事によって、上体を振りながら打つので的にならない利点が有ります。そして内ブロック、左スリップは常に右クロスを警戒する動きでもあります。
その後一瞬動きを止めて待ち、相手が打って来たところをKO狙いの裏技左ワンツーを決める。
左ワンツーの前のリード連打は後の裏技を決める為の誘い、伏線である。大技を決めたければその前にリード連打を打てと自らに課題を与える事によって、試合中にいやでもリードが沢山出る事になる。

BGMについて

今回「Gold Main Valentine」のボーカルを務めている、"Sanfee"さんからBGMを提供いただきました。曲名は「NOISY DRIVE」です。

興味のある方は是非!!
制作担当です。
期間が空いてしまい恐縮ですが、 

本日「チームトクボクシング教室 動画第2弾 - 先手」を公開しました。

「先手」を取り入れたコンビネーションについてご紹介しています。今回はnakaさんに演じてもらいました。
 
ラウンド開始から30秒以内でダウンが取れるように、「先手」を円の動きから連発する効果的なメニューです。前回紹介した「総合ミット」内でも使われています。

2014年版ですが「先手」と「円の動き」をつかった先制攻撃について解説しています。
今回はわかりやすく、コンビネーションの手順も書いていますので、ぜひご参考にしていただければと思います。

 


◆コンビネーション概要

1. プレッシャー(踏み込んで両手ブロック ➡ )右スリップ ➡ 右サイドステップ
2. 左先手(左サイドステップ ➡ 右ストレートワンツー)
3. 左サイドステップ ➡ ジャブ2発(回りながら)
4. 右先手(右ステップ ➡ 右ストレートワンツー)
5. 左先手(左サイドステップ ➡ 右ストレートワンツー)


◆先手とは

その名の通り相手の不意をついて攻撃する先制攻撃です。正面からの攻撃では無く、左右に素早く移動後攻撃します。この技に円の動きを取り入れることで、相手の視角外から攻撃するコンビネーションが実現できます。


◆店長からのコメント

現在準備中。


◆BGMについて

今回「Gold Main Valentine」のボーカルを務めている、"Sanfee"さんからBGMを提供いただきました。曲名は「NOISY DRIVE」です。

興味のある方は是非!!

ロープ際、円の動き、7つのコンイネーション等、テーマ別にミット打ちを披露。


制作担当です。

本日「チームトクボクシング教室 動画第一弾 - 総合ミット その1」を公開しました。当ボクシングサークルのメンバーが技を披露していますので、是非ご覧ください。

 

◆店長からのコメント

待ちに待った動画の出来上がりを観たものの、余りにも自分のオヤジと化した姿にショックを受けてしまいました。ミットの打たせ方にもまだまだ修行 が足りないと痛感しました。
続けてレベルアップに努めます。


◆BGMについて

今回「Gold Main Valentine」のボーカルを務めている、"Sanfee"さんからBGMを提供いただきました。曲名は「NOISY DRIVE」です。

興味のある方は是非!!
http://ffvsrupan.wix.com/gold-main-valentine