トップ > チームトクボクシング教室

チームトクボクシング教室

 
鹿浜ボクシングジムのみなさん、ありがとうございました!
選手各自とても良い経験になりました。
 BOXING152
チーム徳の参加のみなさん、お疲れ様でした!

日常味わえない刺激的な時間をみんなで共有した、とても良い日でした。

ラインにアップされたスパーの動画を観て、練習で今回の経験を生かして下さい。

今回ガチの初スパーを自ら望んで行なった、橘さん、平良さんのハートに拍手!

お疲れ様でした。
BOXING151
写真アップしました。
BOXING150
今日は、殆どのメンバーが実戦練習が出来て良かったです。
BOXING149
当ボクシング部は、相手も自分も本気のスパーリングをやった時から「レギュラー」となります。
言い換えると「痛い、怖い、疲れる」3大不安要素の中に自ら飛び込んで、自分を超えようとしたその時からがレギュラーと認められます。
レギュラーにはチームTシャツ、ボクシングシューズ、その他が部費から還元されます。

数か月後には、誰がチーム代表となって試合に出ても大丈夫な位、強くなってほしいです。
1/29(日)東拳ボクシングジムVSチーム徳ボクシング対抗戦

BOXING137

BOXING138

BOXING139

BOXING140

BOXING141

BOXING142

BOXING143

BOXING136

BOXING144

初心者歓迎!ボクシング練習会参加者募集!

会場:上中里コミュニティー会館ホール、十条台ふれあい館ホール

時間:9時~11時
2月の練習日
2/4(土・上中里)、2/5(日・上中里)、2/11(土・上中里)、2/18(土・上中里)、2/19(日・十条台)、2/25(土・上中里)、 2/26(日・十条台)
上中里コミュニティー会館は、2月一杯で閉館となります。
2/4から 2/26まで常時募集!

BOXING86

ジャブから右ストレート、ジャブからワンツー。一見同じだけど微妙に違う。

あなたはどちらを重視して使っているだろうか?

私はためらわずにジャブからワンツーを選ぶ。

ジャブジャブ右ストレートとジャブワンツーは手数は一緒だが、ジャブジャブを打った後の右ストレートはジャブジャブで踏み込んだ後に打つ単発の踏み込みの無い右ストレートとなる。逆にジャブからワンツーは踏み込みが入る。

反面ジャブジャブ右ストレートはスムーズで力みが無く当てやすい。ジャブからワンツーはワンツーを踏み込む
直前に勢い込んで間が開くとかわされやすくなる。

要はジャブからワンツーをジャブジャブ右ストレートの様なリズムで打てれば良い。

ジャブ2発を、1発目をよけられても2発目をよけた方向に打って当てられるタイミングで打とう。パンパンのリズムで打つのが良く、パパと打ってはいけない。
ジャブからワンツーもそのパンパンのリズムに沿ってパンパパンと打つ。
以下のようなリズムで打てば相手にとっては察知されにくいワンツーになる。
パンパン➡パンパパン
パンパン➡パンパン➡パンパパン
パンパンパン➡パンパンパパン

そして大事なのはワンツー止まりにならない事。必ず相手のパンチが返って来ることを念頭に置いてワンツーの後は、右足を20㎝真横に踏み出して右ストレートを打つ。又はワンツーの後は左サイドステップをして右ストレートを打つ。これをカウンター返しと呼んでいる。
リズムはどうなるだろうか?ジャブからワンツー右ステップ右ストレートは
パンパパンスッパンだと遅くて相手のカウンターを受けてしまう。
パンパパスパンが正解。

ジャブを打たずに直接右ストレートを単発で打つ時も右ステップ右ストレート又は左サイドステップ右ストレートを忘れてはならない。リズムはパンスッパンではなくパスパンとなる。
ジャブを打たずに直接ワンツーを打つ時もカウンター返しを忘れない事。リズムはパパスパンである。

BOXING130



週1~2回の練習を黙々と積み重ねて、今年最後の練習が丁度400回となりました。

練習内容も進化して「チーム徳式」と呼べる独特な練習システムが完成しました。

入部後3回の練習参加で基本動作を覚えて「基本ミット」が出来る様になれば、後は団体練習に参加するだけで技をドンドン覚えて行けるように出来ています。

そしてミット打ちが実戦に近い内容でマスボクシング以上の効果が有るものとなり、練習における選手のダメージの心配が無くなり試合に臨めるようになりました。

レギュラーメンバーの中にはボクシングはもちろんの事格闘技経験者もいますが、かつて私が大学からボクシングを教えた選手達が高校ボクシング経験者をことごとく破った時のように、全くの素人から始めたメンバーが成功するように力を注ぎます。

新年は「ボクシング達人養成所」と胸を張れる常勝軍団を目指します。
BOXING96

ボクシングTシャツ

現役時代52戦と言う最多試合記録を作った土居コロニータ伸久氏が、当焼肉店の有る十条に住んでいる。
BOXING4
当然同じヨネクラジム出身なので、引退試合も応援に行き親しくお付き合いさせて頂いている。

土居氏は引退後、スポーツジムでのボクシングインストラクターと自ら立ち上げた「CORO Planning」でオリジナルTシャツの製作販売をされている。
BOXING108
メキシコになじみの深い土居氏の立体感溢れるオリジナルTシャツは、ユーモラスで魅力的で、私の女房のお気に入りとなっている。
BOXING109

今回チーム徳ボクシング部のTシャツもお願いして作って頂いた。
BOXING58

BOXING59
速乾素材のダークグレーTシャツにシルバーの文字とイラスト。大満足です。

CORO Planning  090-9364-6681  土居コロニータ伸久
夜布団に入ってからボクシングの技を考えていると、突然閃く事が有る。

(待てよ~ここでこういう風に打ったらどう変わる?)突然起き上がって動いてみる。

そうだ!この動きだ!!

名文句が浮かんでその場でペンをとる作家のようだ。

今回もこんな感じで新技が完成した。45年もボクシングに携わっていても、いまだに変化するのだからボクシングは本当に奥深い。


1. まずリードをビシビシと打つ。

例えばリード連打

左ストレート内ブロック左ストレート
左ストレート左スリップ左ストレート
左ストレート右スリップ左ストレート

例えばジャブ(2発)

2. 相手が売って出て来たら両テンプルをガードしながら左スリップでかわし、左フックカウンターを打つ。

ここまではオーソドックスな代表的なボクシングだが、ここからの動きが肝心要だ。

3. 前記左フックカウンターの後、
左スリップ+ステップインから右スリップ+ステップイン右フック➡右スリップ+ステップインから左スリップ+ステップイン左フック➡左スリップ+ステップインから右スリップ+ステップイン右フック➡右スリップ+ステップインから左スリップ+ステップイン左フックと続ける。

4. 頃合いを見てコンビネーション2の連打➡コンビネーション6➡フック連打

今回の中心は3でこれを「スタート」と呼ぶ。
相手が打ち気になって出て来た時、逆にチャンスと見て「スタート」を決行する。両テンプルをガードしながら相手の頭の真横にピッタリとスリップして頭を寄せながらフックを打つ。打たれにくいポジションを確保しながら上体を振りながら打つので、自分にとっては安全で相手にとっては非常にやりにくいボクシングとなる。
ローリングではないのでデンプシーロールではないが、テンポの速さやパターンがよく似ている。

次回のスパーリング大会では、この技の成功を競い合う事をチームで決めている。
近いうち、「スタート」を動画でアップします。

1.先手返し

2.フォローから先手

3.先手連打

4.リード連打

5.カウンター返し

6.チャンス

7.来た!

8.ハーフタイム

9.利き腕70%

10.ストップ・ボックス

11.上下・ナイスボディ

12.前後

13.リードとディフェンス

14.リードとコンビネーション

15.詰める

※1.2.3をワンブロック、4.5.6をワンブロックとして動く。

BOXING95

10名参加しました。
十条台ふれあい館で初めて練習しました。
BOXING110

試合に必要な最小限の技を集中的に練習しました。はるき君とTamTamさんも条件付きで左1本スパーに参加しました。
本日のメインイベントはTamTamさんVS Atsushiさんの勝負でした。


BOXING112

床が板なので動きやすかったです。

鏡が無いのが少し寂しいですが、窓から見える緑いっぱいの景色が素敵です。

BOXING111

上中里コミュニティー会館ホールの3分の1位で狭いですが、逆に一体感は有ります。常に貸切となるので雑音や気づかいは無用です。

帰りに店が多いので、十条夜遊び隊自称名店を食べ歩きできる楽しみも有ります。
今日も6人で豆腐屋さんの美味しい豆乳を飲みました。その後Atsushiさんと「大番」のからし焼きを食べました。次回20日は秘密にしたい蕎麦屋「松屋」へ行きます。

次回の練習では押し相撲をやります。

※遠藤さんが帰りに確認してくれて、高架下公園が使えるようになっていると知らせてくれました(でも冬は無理)。

本日のボクシング練習会       
           
4名参加しました。

声に合わせて動く練習をしました。

明日第389回ボクシング練習会は十条台ふれあい館です。間違えないでください。十条台小学校の道路向かいです。入口で第2ホールの場所を確認してください。

本番の大会が近づいて来ました。
打たれても打たれっぱなしにならずに、あれこれと悪あがきする事が大事です。
「練習は根性、試合は度胸」と輪島功一が言ってましたが、その前に「覚悟」が大事です。

boxingrennsilyuukai170

向かい合ったとたん、突然素早いステップで右ストレートやワンツーが飛んでくる。

左を打って様子を伺おうなんて思っていると、してやられてしまう。

そう言う「スキあらば先手」に長けた選手っていますよね。

ノーモーションで来るのでピリピリと緊張感を持って対処しよう。

1. 早くて大きい左サイドステップでかわして、右ストレート(ボディ)からワンツー(顔)
相手が来た時にドンピシャでタイミングが合えば良いが、来る前にやってしまっても先手勝ちとなる。
左サイドステップからストレート(ボディ)は、ロマチェンコ選手が良くやる動きで、これを普通構えの選手がやるとリバーや水月等どこを打っても急所となり非常に有効だ。
ジャブ2発、又はジャブ4発から行えばロマチェンコ選手の動きに更に似る。

2. ブロック左スリップ左サイドステップで回り、右ステップから右ストレートワンツー
ブロック左スリップ左サイドステップは、相手の奇襲に対して最善のコンビネーションディフェンス。そこからの右ステップは間を置かずにすぐに行う。右ステップは斜め前に右足だけ大きく踏み出す。

3.裏技の左ワンツーを使う。
★「左ワンツー」
10㎝程の左サイドステップと同時に左ストレートを打ち、追って右ストレートを打つ。左サイドステップをしながら左ストレートを打つので左ストレートは斜め右前に打つ事になる。左ストレートは相手の顔の位置確認の為に打つ役割が大きい。相手のワン(左ストレート)はこちらの右肩の上を通る事になる。そして相手のワンとツーの手の間を強烈な右ストレートがヒットする。
左サイドステップは斜めサイドステップではなく、真横にする。余り大きいサイドステップだと右ストレートが当てにくくなる。
左ワンツーの後は左サイドステップから回りながらジャブ

4.ステップバック右ストレート合わせ、左サイドステップから回りながらジャブ
相手のワンをステップバックでかわし、相手のツーに右ストレートを合わせる。KO出来るパターンなので練習相手にワンツーを打ってもらい磨いて欲しい。
★「右ストレートを合わせ」
相手の左ストレート又は右ストレートに対して相打ちで放つパンチだが、右ストレートを打つと同時に自分のアゴの左側先端を左の胸につける。相手のパンチはこちらの右肩の上で空振り、こちらのパンチだけが当たるのだが、相手の突進力にこちらのパンチが正面衝突する強力なカウンターとなる。

以上4種類を出合い頭に準備しておくと安心であり始まりが即チャンスにつながるはずだ。
BOXING104

左のジャブ、ストレートの刺し合いから思い切った右ストレート、ワンツーを打ち込む。

すると、間髪入れずに研ぎ澄まされた右ストレート、ワンツーやカウンターが返って来る。

そもそもボクサーは相手の攻撃をかわしてベストパンチを返す練習を誰もがしているので、打った後パンチが返って来るのは当たり前で有り、それを見越して打ってよけて打つ練習をしていなければならない。

だが時にそのカウンターが1,2発空振りしても続けて打って来るコンビネーションブローだったりすると、スリップやブロックでかわしたぐらいでは打ち合いに巻き込まれてしまう。

そうならない為には、打った後完全に位置移動してよけて打てば良い。


我がチーム徳では、今回最初に習う基本ミットの段階でこの問題がクリア出来るように、コンビネーションブローとして取り入れた。

名称「チャンス2」
●ワンツー左サイドステップ右ストレート➡ワンツー右ステップ右ストレート➡ワンツー左サイドステップ右ストレート➡ワンツー右ステップ右ストレート左アッパー

名称「チャンス3」
●右ストレート左サイドステップ右ストレート➡右ストレート右ステップ右ストレート➡右ストレート左サイドステップ右ストレート➡右ストレート右ステップ右ストレート左アッパー

先に打つワンツーや右ストレートは、次に行う位置移動(左サイドステップや右ステップ)を大きくスピーディーに行えるように70%程度の力で打つ。次の位置移動は返って来る相手のパンチを受ける前に敏速に行われなければならない。

ついでに名称「チャンス1」も書いておこう。
●ワンツー右ステップ右ストレート➡ワンツーワンツー右ステップ右ストレート➡ワンツーワンツーワンツー右ステップ右ストレート左アッパー
これは、打ち合いの最中に右ステップでさっと抜けてタイミングをずらす時間差攻撃を活かしている。
どれも最後に左アッパーを打つのは、人間は最後に追い詰まると下を向くからである。

BOXING99


 6名がスパーリングしました。       
           
参加のみなさんお疲れ様でした。

出稽古のスパーは普段の練習に比べてかなり刺激的で、より強くなるきっかけになると思います。

12月の東拳ボクシングジムスパーリング大会では、他のジムも集まりますのでまた良い経験になると思います。

なるべくスパーリングの場を求めて参加出来るようにして行きますので、継続して鍛えて行きましょう!

BOXING103

6日は5名参加。
tomoさん、miyabiさん、chayaさんの3名はとても才能が有りパワーとセンスも有るのですが、揃って物覚えが悪いです(笑)。
これから数回でコンビネーションやブロックからの返しをマスターして、一気に加速してくれる事を期待しています。

本日7日は8名参加。下記に力を入れました。
●ジャブ、ジャブからワンツー、ワンツー連打、前後、チャンス等でリズミカルに1ラウンド動く練習
●コンビネーション2の接近戦練習
●リードとディフェンスとコンビネーションをバランス良く取り入れて動く練習

次回はボディワークから2、3、4、6を打つ練習をします。

次回は8/13(土)、8/14(日)練習です。

187

貸切のホールが手違いで他とバッティングしたので、久し振りに青空の下、滝野川公園で練習しました。参加者8名。

定番の団体対象練習とコンビネーション1,2,3を練習した後リードの練習をして、リードとコンビネーション1,2,3を練習しました。

次回はクリンチワークも含めて、コンビネーション2のバリエーションを徹底的に練習します。

次回は8/6(土)、8/7(日)上中里コミュニティー会館です。
154

毎回東拳ジムさんの胸を借りて出稽古スパーリングを行っているが、今回もメンバー全員が練習の成果を発揮してレベルアップしたボクシングを展開した。

BOXING96
東拳ボクシングジムの前で
 
BOXING93
 対戦前に記念写真

BOXING95
準備体操後にミーティング
相手をロープに詰めて攻撃する事と、打たれたら倍返しする事。

BOXING94
スパーリング前のシャドーボクシング

BOXING92
頑張って攻める。


BOXING91
インターバル

BOXING90
熱戦が続く。

BOXING98
スパーリング後の練習でハルキ君がミット打ち

BOXING97
高速道路の高架下にあるイタリアレストランで反省会

とても充実した出稽古でした。
ボクシングはよけて打って、打ってよけての繰り返し。
だけどそれはボクシングをするにおいて当たり前の事。
打つ事、よける事は誰でも出来る。

ただ漠然と練習するのではなく、試合で起こりうるあらゆる場面を想定して、それぞれどう対応してこなすかと言う事が大切だ。

試合で起こりうるあらゆる場面とは?
・ロープに詰められたらどうする?
・ロープに詰めたらどうする?
・相手がラッシュをかけて来たらどうする?
・打たれて効いてしまったらどうする?
・スタミナが切れたらどうする?
・チャンスにはどうする?
・リードパンチの応酬や打ち合いで不利だったらどうする?
・ダウンを取られたら?
・ダウンを取ったら?

場面場面有利に試合を運んでも、それだけではラスト30秒であっという間に取り返されて判定を持って行かれてしまう心配も有る。

鉄板は、
・常に手数で圧倒する事。相手の1発、2発に対して5発、6発のコンビネーションブローを準備しておく。
・打たれたら倍返しする事。
・相手をロープに詰めてラッシュする事を常に一番の目標にして練習して試合に臨む事。
・正面からの攻撃以上にサイドからの攻撃を練習して実践する。

BOXING86

広報担当です。

本日「チームトクボクシング教室 動画講座 第4弾 - ロープに詰める」を公開しました。

練習会に参加している方向けの上級技となっていますが、覚えれば楽に使うことができるので、この技を覚えて是非スタンディングダウンを狙ってみてください。




コンビネーション概要

1. ガード固めてジャブ ➡ コンビネーション3
1. ガード固めてジャブ ➡ コンビネーション6
2. 大きく左スリップ ➡ 右スリップ ➡ 左スリップ ➡ コンビネーション3(ドーンと押し込むイメージで) 
2. 大きく右スリップ ➡ 左スリップ ➡ 右スリップ ➡ コンビネーション6(ドーンと押し込むイメージで) 
3. 回り込むのを左に先回り ➡ 右ストレートボディ ➡ 左フック
3. 回り込むのを右に先回り ➡ 左ストレートボディ ➡ 右フック
4. ロープに詰めてコンビネーション2を3回転繰り返す ➡ コンビネーション6でガード崩して ➡ 最後はフック連打を全力でフィニッシュ。 

順番に関しては用途に応じてとなります。

利用されているコンビネーションブローについて

◆コンビネーション2
左スリップ ➡ ステップイン左フック ➡ 右フック ➡ 左アッパー ➡ 左アッパー ➡ 右アッパー ➡ 左フック
(接近戦応用技多い)

◆コンビネーション3
左フック(顔) ➡ 左アッパー(ボディ)

◆コンビネーション6
右スリップ ➡ ステップイン右アッパー(ボディ) ➡ 左アッパー(ボディ) ➡ 左フック(顔) ➡ 右ストレート(顔) ➡ 左フック(顔) ➡ 左アッパー(ボディ)

店長からのコメント

キッズボクシングから長い経験を持つ選手が多い現在、そう言う選手を打ち崩す力強く乱打戦に持ち込めるボクシングが要求される。
技の応酬や距離、リードの刺し合いに付き合わず、「関係ない!」と上体を振って肉薄してブロックの上から叩かれても怯まずに相手をロープに詰めて必ず決める!
そんな思いでこの攻撃パターンを練習に取り入れています。

BGMについて

今回「Gold Main Valentine」のボーカルを務めている、"Sanfee"さんからBGMを提供いただきました。曲名は「NOISY DRIVE」です。

興味のある方は是非!!
最近、練習参加人数が増えて初心者、中級者、上級者と分けて練習を進行しなければならず、それでも全員が充実した練習をこなす為に統一して出来る「団体対象練習」と言うものを作ってみた。

特に高校のボクシング部やジムの初心者達の水準をまとめて上げて行くのに有効だと思う。

つまり団体対象練習とは
コーチが全員が構えている前でミットを持つ動作を行ったりパンチを打つ動作を行い、その動作に合わせて全員がパンチを打ったりディフェンスしたりする練習である。

「基本ミット」と「ディフェンスミット」、「リードからブロック」を全て入れた「総合ミット」を行い、何人かが代表でミット打ちを行い模範を見せたり、足りない部分を全員が確認すると言う方法である。
****************************************************************************
「基本ミット」

●左のミット面を正面に
選手は左ストレートを打つ。

●左のミットの前に右ミットを重ねる
選手は左ジャブ2発打ち左スリップ、右スリップする。

●右のミット面を正面に
選手は右ストレートを打つ。

●右のミットの前に左ミットを重ねる
選手はワンツーストレートを打ち右スリップ左スリップする。

●左のミット面を横に
選手は左フックを打つ。

●右のミット面を横に
選手は右フックを打つ。

●左のミット面を下に
選手は左アッパーを打つ。

●右のミット面を下に
選手は右アッパーを打つ。

●左のミット面をななめ下に
選手は左ボディアッパーを打つ。

●右のミット面をななめ下に
選手は右ボディアッパーを打つ。

●「ディフェンス」と言うと
ブロック左スリップ左サイドステップ
ブロック右スリップ右サイドステップ

●「チャンス」と言うと
ワンツー右ステップ右ストレート~ワンツー2回右ステップ右ストレート~ワンツー3回
右ステップ右ストレート左アッパー
****************************************************************************
「ディフェンスミット」

●「3発」と言ってグローブミットでジャブ3発を打つ。
選手はそれをブロック、左スリップ、右スリップでよける。

●「3発」と言ってグローブミットでワンツー左フックを打つ。
選手はそれをブロック、左スリップ、右スリップでよける。

●「ボディワーク」と言って右ボディから顔に3発打つ。
選手はそれを両テンプルと脇を固めて左スリップ、右スリップ、左スリップをしながら
ブロックする(その後左フックを打ちながら左サイドステップで位置移動
右ボディアッパーを打つ)。

●「ボディワーク」と言って左ボディから顔に3発打つ。
選手はそれを両テンプルと脇を固めて右スリップ、左スリップ、右スリップをしながら
ブロックする(その後右フックを打ちながら右サイドステップで位置移動
左ボディアッパーを打つ)。

●「2発め回る」と言ってグローブミットでワンツーを打つ。
選手はワンを右手ブロックパリー、ツーを左手ブロックパリーしながら左サイドステップ

●「4発め回る」と言ってグローブミットでワンツー左フック右ストレートを打つ。
選手は3発のブロックパリーの後、4発めを左手ブロックパリーしながら左サイドステップ

●「6発め回る」と言ってグローブミットでワンツー左フック右ストレート左アッパー
右ストレートを打つ。
選手はそれをキャッチボールのように1発1発全てブロックパリーする。
6発めを左手ブロックパリーしながら左サイドステップ

ブロックパリーは自分の顔に近い位置で小さく力強く行う。相手が6発を思い切り
踏み込みながら体ごと突っ込んで打って来る事を想定して、下がりながら距離を保って
行う練習もする。

●「ディフェンス」と言ってワンツー連打を6発打った後更に6発打つ。
選手は最初の6発をブロック左スリップ左サイドステップでかわした後、
続く6発をブロック右スリップ右サイドステップでかわす。

●「ワンツーゲーム」と言ってジャブからワンツーを打つ。
選手はブロックパリーでよけながら右ストレートに対してはブロックパリーの後必ず
右ストレートを返す。コーチはその右ストレートをブロックパリーして
右ストレートを返す。選手は更にそれをブロックパリーして右ストレートを返す。
コーチがその右ストレートをブロックパリーしたところでそのシーンは終了。

●「サークリング」と言ってワンツーを打つ。
選手は左回りしていてワンツーを右スリップでよけて右回り。右回りしていてワンツーを
左スリップでよけて左回り。

****************************************************************************
 「リードからブロック」

選手は常に多彩な左ストレートを打ちながらブロックに備える。

●(左ストレートを打ちながら)ブロックから返し
●ストレートやワンツー(ボディも含む)ストレート系を打つ。
選手は左スリップ+ブロックでかわし、返せる時に左フックを返す。

●左フックを打つ。
選手は右ステップ+ブロックでかわし、右ストレート左フック右ストレート左アッパー
右ストレート(コンビネーション1のバリエーション)

●左ボディアッパーを打つ。
選手は右スリップ+ブロックでかわし、右ボディアッパー左ボディアッパー
(コンビネーション6でも良い)※踏み込んでブロックする事

●右フックを打つ。
選手は左スリップ+ブロックでかわし、左フック右ストレート左アッパー右ストレート
(コンビネーション1のバリエーション)

●右ボディアッパーを打つ。
選手は左スリップ+ブロックでかわし、左フック(顔)左アッパー(ボディ)
(コンビネーション3)※踏み込んでブロックする事



上記攻撃の後左サイドステップジャブ2発又は右ステップ右ストレートから
右スリップ右サイドステップ等、円の動きに戻れるようにする。
****************************************************************************

以上「基本ミット」と「ディフェンスミット」、「リードからブロック」を全て入れた
「総合ミット」は、「団体対象練習」で身に付けた後、実際に黙々とミット打ちをして
体に覚えさせれば、試合中無心で戦っていても手数が出てディフェンスも自然に
出来るようになる。試合中、無心でミットの通り動いていれば勝てるように組み立てた。

BOXING85


14名参加しました。

ibennto1445 (1)

初心者、中級者、上級者に分かれて練習を進めました。

●本日のメイン練習「ロープに詰める」の内容
・ガード固めてジャブからコンビネーション3又はコンビネーション6
・大きく左スリップ右スリップ左スリップからコンビネーション3(ドーンと押し込むイメージで)
・大きく右スリップ左スリップ右スリップからコンビネーション6(ドーンと押し込むイメージで)
・回り込むのを左に先回りして右ストレートボディから左フック
・回り込むのを右に先回りして左ストレートボディから右フック
・ロープに詰めてコンビネーション2を何度も繰り返す。相手がガード固めたらコンビネーション6でガード崩してコンビネーション2を繰り返す。最後はフック連打を全力でフィニッシュ。

●7つのコンビネーションブロー
(上記 ロープに詰めるでは2,3,6が必要)

1.ワンツー左フック右ストレート左アッパー右ストレート(バリエーション有り)

2.左スリップ+ステップイン左フック右フック左アッパー左アッパー右アッパー左フック (接近戦応用技多い)

3.左フック(顔)左アッパー(ボディ)

4.左アッパー(ボディ)右ストレート(顔)右アッパー(顔又はボディ)左フック(顔)

応用(逆バージョン)右アッパー(ボディ)左フック(顔)左アッパー(ボディ)右ストレート(顔)

5.左スリップ+ステップインボディ4発から左フック右ストレート左フック(顔)左アッパー(ボディ)

6.右スリップ+ステップイン右アッパー(ボディ)左アッパー(ボディ)左フック右ストレート左フック(顔)左アッパー(ボディ)

7.右スリップ+ステップイン右アッパー(ボディ)左アッパー(ボディ)を3回繰り返し左フック右ストレート左フック(顔)左アッパー(ボディ) 

ibennto1447

練習会への参加方法

いつものところ倶楽部(チーム徳ボクシング教室)

いつものところ倶楽部のURLをクリックされた後、「ご近所さんを探せ」に登録して「いつものところ倶楽部」に入会して下さい。 すぐに承認します。

入会後掲示板に簡単な挨拶と自己紹介を必ずお願いします。

練習日は入会後掲示板にて確認して下さい。

チームトクボクシング教室について

ibennto1448
高校、大学のボクシング部監督を経て現在社会人ボクシングチームの監督をしています。

プロボクサー、シュートや総合のチャンピォン達も参加して学んだ伝統のボクシング教室です。 

普通の人だと思っていたらスピーディーな精密機械の様なパンチを繰り出すボクシングの達人!そんなボクシング達人養成所を目指しています。

ボクシングが好きで技を究めたい人、伸び悩んでいる人、基本通りのボクシングを手とり足とり教わりたい人、最速最短で強くなれます!

●初心者歓迎!
興味が有る人、健康の為体験してみたい人、ダイエット、護身、技を究める、芸術性を追求する、自分の実力を試す、自分を超える、ボクシングで成功する、諦めていた夢にもう一度チャレンジする、とにかくボクシングが好きだから携わっていたい等参加理由は様々で結構です。  
 

チームトクボクシング教室 練習会の詳細

ibennto1445 (1)
[場所]  東京都 北区上中里「上中里コミュニティー会館」

[参加対象] 10代~50代までの男女

[時間] 9時集合~11時終了

[練習内容]
レッスン方式で教えます。
・準備体操
・基本動作
・シャドーボクシング
・ミット打ち
・マスボクシング
・リズムステップ
・ロープ
・筋力トレーニング
・柔軟体操

[準備]
タオル、飲料水、バンテージ又は軍手、運動着、運動靴を準備して下さい。 
ロープ(縄跳び)、マイグローブ、マウスピースの有る方は持参(無い人は後でゆっくり揃えて下さい)。

[1回の受講] 500円


11名参加しました。
ロールケーキさん、chayaさんが初参加でした。

「声に合わせての動き」を練習しました。
まだ全部をこなすのは難しいですが、一つ一つクリアして行きましょう。
下記に「声に合わせての動き」をまとめました。
●声に合わせた動き
・先手
・フォローから先手
・リード
・リード連打
・前後
・リードからブロック
・リードからコンビネーション
・ハーフタイム
・各コンビネーション1~7
・利き腕70%
・ストップ・ボックス
・上下
・ナイスボディ
・チャンス
・ロープに詰める

次回は5/14(土)です。
リードだけでダウンを取る練習とロープに詰める練習をします。

106
4/29は10名、4/30は8名、5/1は9名、5/3は8名、5/5は6名参加しました。

次回第347回ボクシング練習会は5/8(日)です。

大分練習内容がパターン化してきました。

基本ミット➡ディフェンスミット➡フォローから先手➡リード➡リードからブロック➡リードからコンビネーション➡7つのコンビネーション➡強打のカウンター5種➡総合シャドー(声に合わせたシャドー)➡総合ミット➡左1本スパー➡マスボクシング

●声に合わせた動き
・先手
・フォローから先手
・リード
・リード連打
・前後
・リードからブロック
・リードからコンビネーション
・各コンビネーション1~7
・利き腕70%
・ハーフタイム
・ストップ・ボックス
・上下
・ナイスボディ
・チャンス
・ロープに詰める
jpg

       
参加する人はディフェンスミットの復習をしておいて下さい。

下記単語に反応出来るように。
・ディフェンス
・2発目回る
・3発
・4発目回る
・6発
・ボディ
・サークリング
・ワンツーゲーム

練習予定(参加者がいればやります)
4/30(土),5/1(日),5/3(火),5/5(木),5/8(日),5/14(土),5/15(日),
5/21(土),5/22(日),5/28(土),5/29(日)
全て参加すると相当上達します!

     
24(日),29(金・祭)は確定です。

昨日は7名参加しました。

norioさん、TamTamさんは基本ミットがそろそろ完成段階でよけ方の練習に入りました。

遠藤さん、いっしーさん、ミウラさん、ハルキ君は
・(両テンプルガードしながら)上体振ってフックで回ってボディアッパー

・(両テンプルガードしながら)上体振ってコンビネーション3
・(両テンプルガードしながら)上体振ってコンビネーション6

・(両テンプルガードしながら)上体振ってコンビネーション3➡6➡3
・(両テンプルガードしながら)上体振ってコンビネーション6➡3➡6

・(両テンプルガードしながら)上体振ってコンビネーション4
・(両テンプルガードしながら)上体振ってコンビネーション4の逆バージョン

以上を黙々とシャドーしてミット打ちしました。
リードマス、両手マスを短時間で相手を交代しながら行いました。

138
TamTamさん、hANaさん,bariさん、いっしーさん、norioさん、デラさん(見学)、徳が参加。

久しぶりのいっしーさんが結構バテてました。

TamTamさんは練習に参加して3回目ですが、すでに2㎏体重が自然に減ったそうです。

普段当たり前だと思ってこなしている練習が、実はスタミナと健康維持に役立っていると実感しました。

私は食いしん坊なので、筋トレしているのに腹がへこみません。でもかなり効果の有る練習をしているので、これからは節制して夏の海のマッチョを目指します。

6月下旬にまた東拳ジム出稽古スパーを行いますが、足とリズムとジャブワンツー、円の動きに磨きをかけます。

boxingrennsilyuukai178

boxingrennsilyuukai170
 
 土曜日はムラズさんとマンツーマンで練習しました。

本日はAtsushiTさん、TamTamさん、hANaさん、ミウラさん、ハルキ君、遠藤さん、徳の7名。ディフェンスの練習を主に行い、上体を振りながらのブロックで相手の連打に動じない動きを練習しました。

次回は下記練習を行います。
かなり効果的な練習なので参加しないと損します。
・ジャブワンツー、ワンツー連打をリズミカルに打ちながら、相手が出て来たらすぐに回り込む練習
・上体を振りながらのブロックからフックで回ってボディアッパーを打つ練習
・押し相撲からフックで回ってボディアッパーを打つ練習、コンビネーション2を打ちながら押して行きフックで回ってボディアッパーを打つ練習
試合が始まってすぐに相手選手に奇襲攻撃を受けたり、強いパンチを受けたりすると、カーッとなって力んでパンチを振り回してしまう。力んでいるので練習で磨いて使おうと決めていたコンビネーションブローも出ない。

一度力んでしまうと中々元に戻れない。自分の方が相手選手よりも実力が上だと思っていると尚更力みが抜けない。とうとう相手ペースのままラウンドが過ぎて後悔する。

こんな時に力みが抜けて別人のようにリラックス出来るおまじないや決め事が有ると、どんなに良いだろうか。

伝統的な合言葉が有る。「利き腕70%」と言う合図である。
力んでいると思ったら応援仲間がすかさず「利き腕70%」と声をかける。

一番力みを抜きたいと思うのは選手本人である。
まず相手の顔10㎝前に軽いジャブをのばす。そして思い切り打つ力の70パーセントの力で右ストレートスッと打って綺麗に引く。相手に当たらなくても構わない。

一度こう言う加減したパンチを打つと、自分で力加減が調整出来るようになり気持ちもリラックス出来て本来のボクシングが出来るようになる。

「軽いジャブと利き腕70%」。シャドーでもラウンド中に必ず行い試合でも忘れないようにしておこう。

itumonotokoro92

●左ストレート
選手は打った左ストレートの腕や肩がテンプルを守るようにアゴを引いて打ち、右手は鼻と顎をしっかりロックガードする。

●「3発」と言ってグローブミットでジャブ3発を打つ。
選手はそれをブロック、左スリップ、右スリップでよける。

●「3発」と言ってグローブミットでワンツー左フックを打つ。
選手はそれをブロック、左スリップ、右スリップでよける。

●「ボディ」と言って右ボディから顔に3発打つ。
選手はそれを両テンプルと脇を固めて左スリップ、右スリップ、左スリップをしながらブロックする(その後左サイドステップで位置移動)。

●「ボディ」と言って左ボディから顔に3発打つ。
選手はそれを両テンプルと脇を固めて右スリップ、左スリップ、右スリップをしながらブロックする(その後右サイドステップで位置移動)。

●「6発」と言ってグローブミットでワンツー左フック右ストレート左アッパー右ストレートを打つ。
選手はそれをキャッチボールのように1発1発全てブロックパリーする。
ブロックパリーは自分の顔に近い位置で小さく力強く行う。相手が6発を思い切り踏み込みながら体ごと突っ込んで打って来る事を想定して、下がりながら距離を保って行う練習もする。

●「ワンツーゲーム」と言ってジャブからワンツーを打つ。
選手はブロックパリーでよけながら右ストレートに対してはブロックパリーの後必ず右ストレートを返す。コーチはその右ストレートをブロックパリーして右ストレートを返す。選手は更にそれをブロックパリーして右ストレートを返す。コーチがその右ストレートをブロックパリーしたところでそのシーンは終了。

●「2発め回る」と言ってグローブミットでワンツーを打つ。
選手はワンを右手ブロックパリー、ツーを左手ブロックパリーしながら左サイドステップ

●「4発め回る」と言ってグローブミットでワンツー左フック右ストレートを打つ。
選手は3発のブロックパリーの後、4発めを左手ブロックパリーしながら左サイドステップ

●「ディフェンス」と言ってワンツー連打を6発打った後更に6発打つ。
選手は最初の6発をブロック左スリップ左サイドステップでかわした後、続く6発をブロック右スリップ右サイドステップでかわす。

●「サークリング」と言ってワンツーを打つ。
選手は左回りしていてワンツーを右スリップでよけて右回り。右回りしていてワンツーを左スリップでよけて左回り。

BOXING69
今ではあまり見かけないグローブミット
実戦と全く同じブロックの練習が出来る。